20代で育毛剤を使うのには抵抗がある

仕事を始めた20代の頃から、本当にぽつぽつと白髪が出るようになりました。
学生時代は1本も白髪なんて出ていなかったので、白髪があると妹に発見された時は本当に悲しい気持ちになったのを覚えています。
仕事をはじめて、かなりストレスがかかっていたようで白髪が出始めましたが、私自身、毛量も多く抜いても問題ないと思っていたので見つけた時には抜いたり、抜いてもらったりしました。
社会人から、また学生に戻った時、白髪は気にならなかったので
髪の毛を染めていて目立たなかったのか、学生に戻ってストレスが減ったのかは解りませんが、白髪の事は忘れていたように思います。

しかし、また、社会人になった頃に白髪が気になり始めました。
同じ年代の人の髪の毛に白髪が無いかも気になるようになってきました。
他の人から気にするほど白髪は生えていないと言われましたが、自分で鏡でチェックしたり、ハサミでカットしたり、カラーをしてなんとかごまかして過ごしました。

結婚し、夫の要望でカラーしない黒髪にして、妊娠出産する頃に、白髪が目立ち始めました。
出産や育児のストレス、ホルモンバランスの変化から、髪の毛は抜けたり白髪が増え始めましたが、一過性の物だから気にしなくて大丈夫と雑誌で読んだりしていたので気にしないようにしていましたが、
黒髪なので白髪があると妙に目立ちます。キラリン白髪というそうですね。

一過性の物と信じてきましたが、3年経っても特に改善される訳ではなかったので、今は目立つ白髪に関しては抜いています。
あまり、白髪を抜くのは良くは無いというのは解っていますが、まだ白髪染めを使うのには抵抗があるし、かといって白髪が見えると、老けてみえたり貧乏くさく見られてしまうので今は抜くことで対処しています。

私自身の毛量が多いのが年齢が上がるにつれ少なくなるのなら
早めに対応した方がいいのかなとも悩んだりします。

40代になって、今よりも白髪の量が多くなるようなら白髪染めを検討しようと思っています。
今は、体質改善や食事なんかで白髪や抜け毛をストップできるようにもがいてみたいと思います。

20代の頃を振り返ってみると、やっぱり20代女性の薄毛対策方法ってのは抵抗があったんです。
でも、今から考えれば20代からちゃんと薄毛の対策はしておけばよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です