ワクワク感がたまらないのが福袋

大人になってからのお正月の楽しみといえば、なんといっても福袋。田舎住まいの私の場合、近所のファッションセンターはもちろん、値段の割に中身がいい福袋が売り出されると聞けば、2時間近くも電車に揺られてはるばる遠方の都市のデパートまで福袋を求めて出掛けたこともあります。

中身の見えない物を一定の値段で買うということ。袋毎に内容が違い、当たりはずれがある。そういうギャンブル的なところが何とも魅力的で、袋を開ける瞬間のワクワク感がたまりません。一体どんなものが出てくるのかしらと。売り場の人だかりの中、必死で自分の分をゲット。そして家に帰ってひとつひとつ取り出しては、中身をチェック。これは自分で着られるか、定価だといくら位で、どれだけお得に買い物が出来たかとか。友人や家族と一緒に購入して、お互いの中身を比べるのもまた楽しいんですね。その場ですぐに中身を確認している人達もよく見かけます。その気持ち、よくわかります。早く見たいですよね。

中身がわからないのが不安ということからか、中身が見える福袋を見かけたことがありますが、これじゃ普段の買い物と変わらなくてつまらないですね。何が入っているかわからないのが一番の魅力だと思います。そして値段以上の商品が手に入る。それが福袋。

とはいえ、実際当たりはずれはありますね。例えば洋服でいうと、残念ながら普段にはまず着られないというような趣味の違うもの、季節外れのものが入っていてがっかりしたりということも。ただ、普段なら買わないだろうなというものも、着てみたら案外似合ってたりして、新しい発見があることもあります。そんなところがまた面白い要因だと思います。

何万円もする高級な福袋は買えないけれど、五千円、一万円位のお手頃値段で、洋服やファッションアイテムの入った福袋なら、これからもお正月の楽しみに買いに行きたいと思います。お正月の賑やかな雰囲気の中、店員さんたちの元気な声につられ、年も忘れて福袋に向かって人混みの中を突き進む自分がいることでしょう。

福袋予約をすれば、ある意味安心して福袋を購入できます。ネタバレ福袋がほとんどですから、ハズレがありません。これからは福袋は予約して購入するのがお勧めになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です